ゴルフスコア100切りに必要なことは?アプローチ編!

ゴルフスコア100を切るためにはフルショットだけ良くてもダメですよね。せっかくグリーンに近づいてもトップやダフリで行ったり来たりしてしまったり、シャンクが止まらなくてグリーンを一周してしまう人もいます。

 

アプローチの練習は地味なので飽きてしまいがちですが、練習量を増やせば必ず上手くなります。

なかなか良いアプローチの練習環境を探すのも大変ですが、コースや練習場にあるアプローチ練習場・打ち放題をやっている練習場の1階打席などを有効に利用しましょう!

 

今回は100を切るためのアプローチに特化したレッスンをしていきます!

 

打つ前のイメージが大事!

 

ゴルフは一球勝負なので、打つ前のイメージ作りが大変重要になってきます。自分が打ちたい球筋、もっと言えば自分が打っている姿まで想像できればいいですね!

 

アプローチでもボールをどの辺に落として、どのくらい転がってピンに寄っていくのかを明確にイメージできれば成功確率はぐっと上がります。

よく「ボールの落とし所を意識する」と言いますが、それだけではダメです。

ボールが落ちてからピンに寄っていく、またはカップインするところまでイメージしたいですね。落とし所ばかり意識してしまうとだいたいショートしてしまいます。

 

 

打ち方は一つ!1種類だけ!

 

アプローチショットの3大原則!

  1. 左足体重
  2. 手首固定
  3. 腰の回転で打つ

 

左足体重をキープしてバックスイング時のスエーを防ぎましょう!

手首は動かさない!パターのように両肘も軽く曲げて、とにかくフェース面が変わらないようにします。

ダウンスイングでは腰を回してより体重が左足に移るようにします。重心移動しないとチャックリや2度打ちしてしまいますよ!下半身を動かさないのはパッティングだけです!

 

 

3種類のアプローチショットを身につける!

まず覚えて欲しいのは、ランニングアプローチ・ピッチエンドラン・ピッチショットの3種類です。8番アイアン・ピッチングウェッジ・サンドウェッジを使うとわかりやすいでしょう。

ピンまで約20ヤードくらいの場面を想定して説明していきます。

 

ランニングアプローチ

8番アイアンを使います。キャリーとランの比率は1:2です。

ボールからカラーまでが近く、カラーからピンまで少し距離がある場面ですね。

「転がりすぎたり距離感が合わないから」とあまり使いたがらない人も多いですが、少し練習すればこんなに楽なクラブはありません。

バックスイングが小さいほどミート率は上がります。いかにバックスイングが小さくて済むかを考えてクラブを選んでください。

そして転がした方がチップインの確率も上がりますよね。バスケットのシュートとボウリングを想像してみてください。

どちらがカップインの確率が高いかは明確でしょう。

 

ピッチエンドラン

ピッチングウェッジを使います。キャリーとランの比率は1:1です。

半分くらい上げて半分くらい転がすアプローチショットです。シチュエーション的に最も多用するアプローチショットですね。

アプローチショットの6割くらいはピッチエンドランではないでしょうか。核となるアプローチショットなので練習も一番して欲しいです。

 

ピッチショット

サンドウェッジを使います。キャリーとランの比率は2:1です。

3種類のアプローチショットの中で最も難易度は高いでしょう

なぜならバックスイングが大きくなるからです。サンドウェッジのフェース面が上を向いていてリーディングエッジが出ているのも難易度を上げていますね。

ピンが近いときやボールからカラーまで少し距離があり、カラーからピンまでが近いときにだけ行いたいです。

ですがピッチショットがうまくできるようになれば、前述のランニングアプローチとピッチエンドランがより簡単に感じるでしょう。

 

 

まとめ

ゴルフスコア100切りを達成するために、アプローチショットが上手くなることは非常に重要です!

そうそう2打・3打でグリーンには乗りませんから、そこからいかに2打で上がれるかがカギでしょう。

アプローチショットがピンに寄るようになってくれば、次のパッティングも楽になりカップインの確率も高くなります。

練習環境を見つけるのは大変ですが、意識してアプローチショットの練習量を増やしていきましょう!

 

直接レッスンをご希望の方がこちらからお問い合わせください!

http://www.mitomigolfschool.com/

https://newtsurumi.com/school/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください